ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品

ダウンロード
ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品_Vnソロ譜
ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品_Vnソロ譜.pdf
PDFファイル 891.5 KB
ダウンロード
ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品_ピアノ伴奏譜
ドヴォルザーク:4つのロマンティックな小品_ピアノ伴奏譜.pdf
PDFファイル 5.2 MB


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ヨシムラアキオ (日曜日, 09 10月 2016 12:35)

    ドボルザークの4つの小品ピアノ伴奏譜をいただきました。この曲は大好きな曲です。大変ありがとうございました。私は51歳からチェロを習いはじめて二年になります。今回来春の発表会の曲をこの曲に決めました。
    youtubeでバイオリンふたりとビオラのトリオで演奏されてるのを見てこれをチェロ三人でやってみたいと思いました。
    音域的にはやはり音が混み合うことになると思います。それと私たちが弾ける最高音はソです。
    そのあたりを考えて原曲を変ロ長調からト長調に移調しました。それに伴い最低音も調整し、ある程度初心者用に音を間引ました。
    大変厚かましいお願いと思いますが一つアドバイスをいただきたいのです。
    原曲のピアノ伴奏譜面の右手のパートがやはり大変難しい。タッタカタッタカのリズム。
    バイオリンふたりとビオラのトリオの場合第二バイオリンがこのパートを弾いているわけですが、いくぶんテンポを遅くしたとしても難しい。右手が難しい。もちろん重音は単音にするとしてますが。
    ピチカートでやるとしても難しい。
    このままだと16分音符を8分音符にすることになっちゃいます。それは絶対に避けたいのてす。
    大変厚かましいお願い思いますがなにかアドバイスをいただけないでしょうか?
    ちなみに前回の発表会では冷静と情熱の間をチェロ三人でやりました。